Windows10 レビュー・口コミ Windows7&8ユーザー必見!Windows10への安心移行!

title-banner01


今回レビューいたしますのは、Microsoft が自信をもって送り出しているOS、
Windows 10 になります。
発売からすでに数か月以上たっておりますが、無償アップグレード期間を7月29日とひかえ
今もなお、Windows7 や、Windows8.1 などに愛着を持ってご利用になられてるユーザーも多いことから
ぜひ無償アップグレード期間中にWindows10 にして、使っていただけたらなという強い思いから
レビューを書くことにしました。

私は現在Windows10 マシンを、メインPCとサブノート(Surface Pro 3) で使っています。
そんな私の体験談でよろしければ、ご覧くださいますと大変うれしく思います。


win-10-manga01

win-10-manga02

win-10-manga03

win-10-manga04

アップグレードのしやすさ ★★★★★

Windows7 およびWindows8.1 ユーザーであれば、だれもが目にしているであろう
画面右下の、Windows10 へのアップグレードボタン。
これを高速インターネットにつながっている状態で、押すことにより
大体1時間くらいで、あっという間にWindows10 へとアップグレードされます。
Windows7 とWindows 8.1 は、Windows10 と同じカーネル(土台)を使っているため、
Windows7 およびWindows8.1 が動作しているパソコンでは
ほぼ問題なくWindows10 にアップグレードすることが可能となっています。

このアップグレード時に、アプリケーションの互換性について表示がありまして
例えば古いDTCP-IP ソフト(地デジ等の番組をネットワークで見られるソフト)などが
よくはじかれたりします。
まあ、新しいDTCP-IP ソフト(PowerDVD 15など)を買ったり、
メーカー製パソコンの場合は、Windows10 用のソフトを公開していたりするので
ちょっと面倒かもしれませんが、テレビチューナーが使えなくなるなどといった不安はないでしょう。

インターネットの設定は基本的に引き継がれますので、使えなくなるといった心配はありません。
どうしても心配ならプロバイダに問い合わせましょう。
最近のインターネットは、ルーターに設定内容が保存されていることがほとんどですので
OSが変わったからといって、パソコン側で何か設定をしてやる必要もありません。
(ISDNをお使いの方や、パソコンから直接PPPoE で接続している方は、改めて設定をしてやる
必要があるかもしれません)

ユーザーインターフェイス(画面の使い勝手)の変化 ★★★★

実はWindows7→10 のほうが、画面の変化は少ないという事情があります。
Windows8.1 ではスタートボタンがなかったため、
Windows10 でスタートボタンができることによる、操作性の混乱が若干みられることでしょう。
ただ、ネイティブなWindows8.1 ユーザーであっても、Windows10 で共通のことができます。
それは「スタートボタンを押下したときの動作」です。
Windows8.1 ではキーボードのスタートボタンを押したときに、
スタート画面が表示されました。
Windows10 では、スタートボタンを押すと、スタートメニューにスタート画面がくっついて表示されます。
スタート画面は範囲をドラッグすることで、広くすることができますので、
Windows8.1 と似たような操作、運用をすることが可能です。
また、リボンインターフェースも受け継がれているので、
Windows8.1 でリボンを使っていた人には、慣れ親しんだ画面が表示されることでしょう。

Windows7 およびWindows 8.1 を使っている人ならおなじみの、「タスクバーにピン留め」も
基本機能として備わっています。
使うデスクトップアプリが多すぎない人ならば、タスクバーにピン留めして
使っていくことをおすすめします。
スタート画面においておくよりは、常に見えるところにデスクトップアプリの起動ボタンができるため
使いやすいからです。


 

win-10-manga05

win-10-manga06

win-10-manga07

win-10-manga08

 

起動時間の早さ ★★★★★

Windows7 を使ってる人なら体感できるレベルで、Windows の起動が早くなります。
(Windows8.1 はもともと起動がかなり早いので、体感できるほどは劇的に変わりません。)
起動ドライブにSSD を使ってる人だと、Windows7 だろうが8.1 だろうが、もともと早いので
体感レベルは変わらないかもしれません。
なんにせよ、起動時間が早くなるのは喜ばしいことです。

 

既知の不具合 ★

起動・終了時間を早めるために実装している、高速スタートアップという機能がありますが
これが有効になっているために、サードパーティ製アンチウィルスソフトとのトラブルがおきたり
周辺機器が認識されなくなるなどのトラブルが起きたりします。
これはWindows10 に限った話ではなく、Windows7 や、Windows8.1 でも同様ですので
そのようなトラブルが起きた場合には、まず高速スタートアップを無効にするのも
一つの手段です。
(Windows 10 では、高速スタートアップを無効にしても起動はそれなりに早いため)

高速スタートアップをオフにする方法
http://windows-10.biz/win10faq/fast_startup/

fast-startup1

■高速スタートアップをオフにする方法

1.スタートボタンを右クリックして、「コントロールパネル」をクリックします。

2.システム-電源オプション とクリックして、左側ペインの
「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

3.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
(表示されてない場合は4に進みます)

4.「高速スタートアップを有効にする」のチェックボックスを外し
「変更の保存」をクリックします。

 

旧Windows のように使う方法 ★★★★★

マイドキュメント、マイピクチャ、マイネットワークが
初期状態では、スタートメニューにないのですが
これは設定してやることにより、表示されます。
Windows95 時代からずっと使っている人にとっては
これらのアイコンは必要不可欠かもしれません。

マイネットワークやマイピクチャ、マイドキュメントを表示させる方法
http://windows-10.biz/win10faq/mydocument-mypicture-mynetwork/

start-menu

■マイネットワークやマイピクチャ、マイドキュメントを表示させる方法

1.スタートー設定ーパーソナル設定とクリックし、左側のペインから「スタート」を選びます。

2.「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」をクリックします。

start-menu2-546x420

3.フォルダーを選ぶ画面になりますので、「ドキュメント」や「ピクチャ」、「ネットワーク」などを
選んで、画面を閉じます。

 


win-10-manga09

win-10-manga10

win-10-manga11

win-10-manga12

Windows 10 の新機能 コルタナさん ★★★★

マイクを使って、音声入力ができ、検索や会話などが楽しめる機能、それがコルタナさんです。
iPhone のSiri が「Siri」 という名前なので、Windows では「コルタナさん」という名前がついてるわけですね。
ノートパソコンならもれなくついてるとおもわれるマイクを使ったり
デスクトップパソコンでも外付けマイク(ヘッドセット等)を付ければ、使えるようになります。
※LTSB エディションにはコルタナさんは実装されません。

使い方は、スタートボタンの隣にある検索フィールドにフォーカスをあてて
マイクに向かってしゃべるだけ。
慣れるまでちょっとコツがいりますが、ロボット口調で話しかけてやると割と良い精度で
反応してくれるはずです。
検索される際の検索エンジンはBing となっておりまして、普段からGoogle やYahoo JAPAN を
使ってる人だと、検索結果にちょっと戸惑いがでるかもしれません。
Google やYahoo JAPAN で検索できなかったキーワードで逆にBing で見つかるといったケースもあるので
ケースバイケースで使い分けていくと良いでしょう。
文字を打つのが遅い人におすすめの機能です。

Windows 10 の新機能 クイックアクセス ★★★★★(または☆☆☆☆☆)

よく使うフォルダーや、最近使ったファイルなどが
エクスプローラーに表示される機能、「クイックアクセス」が実装されました。
これにより、深い階層にあるフォルダーでも
頻繁に使っていれば、エクスプローラーを開くだけで
簡単にそのフォルダーにアクセスすることが可能です。
・・・ただし、
共有のパソコンではご注意ください、どんなに深い階層にあるフォルダーでも
クイックアクセスに表示されますし、最近開いたファイルもクイックアクセスに表示されますので
自分以外の誰かがパソコンを開いたときに、ファイル・フォルダーの閲覧履歴がばれてしまうことになります(笑)
私の友人がこれの機能のせいでヘソクリがばれて、お小遣いを減らされたという経験があったそうです。
クイックアクセスは標準でON になっているので、クイックアクセスを無効にしたい場合には
次の設定をしておくと良いでしょう。

クイックアクセスに表示させない方法
http://windows-10.biz/win10faq/qwuick-accsess-off/

■クイックアクセスに表示させない方法
1.スタートボタンを押し、エクスプローラーをクリックします。

2.左側ペインの「クイックアクセス」というところを右クリックして
「オプション」をクリックします。

3.プライバシーの項目のチェックを外してOKをクリックします。

Windows 10 の新機能 アプリのデスクトップ対応 ★★★★★

Windows8.1 では、アプリをデスクトップで起動させると、全画面表示となってしまうため、
例えば、Windows アクセサリの「電卓」などが使いづらいというデメリットがありました。
パソコン起動時に電卓を使う場合、基本的に何かを見ながら計算していると思われるため
全画面表示では不便だったんですね。
もちろん、アプリとデスクトップアプリとで分かれていれば良かったかもしれませんが
それだと管理も大変ですし、何よりよくわからないと言いますか・・・。
もっとシンプルでいいよねってことで、Windows 10 からは、電卓などのアプリを起動しても
ウィンドウで表示されるようになりました。
これは、電卓に限らずデスクトップモードで動作させてる場合にはどのアプリを起動しても
ウィンドウで表示されます。
いちいち全画面で表示されてた「天気」などもウィンドウ表示されますので
ぜひお試しください。


OS 別、Windows 10 への移行メリット

Windows 7 → Windows 10 への場合・・・

OS の変化にともなう、大幅なUI の変化はなく、スタートメニューとタスクバーを使いながら
今まで通りWindows として使え、かつ、サポート期間もWindows 10 にすることにより
大幅に伸びます。
Windows 7 の場合は、アプリの互換性でひっかかるアプリがやや多くみられますが
基本的には使えると思って良いでしょう。
OS のアップグレードにともなう、デバイスドライバーの用意はほとんどする必要がないので
簡単にアップグレードができます。
Windows 7 では別途インストールしなければ使えなかったOnedrive (旧Skydrive)も
デフォルトで使えるようになり、かつ、エクスプローラーでも共有されるようになるため、
Windows Phone や、Windows 8.1 、Windows 10、とのファイルのやり取りも容易になりますし
iPhone などのスマホにOnedrive アプリをインストールすれば、
カメラロールやファイルも共有できるようになるため、iPhone ユーザーにもおすすめです。

 

Windows 8.1 → Windows 10 への場合・・・

念願のスタートボタン(スタートメニュー)ができます。
ネイティブなWindows 8.1 ユーザーさんの場合は、ほぼ使い勝手は変わらずに
使えること間違いなしでしょう。
Windows 7 の説明とかぶりますが、デバイスドライバーの用意はほとんどする必要がないですし
デスクトップアプリの互換性も高いですから、基本的にアップグレードでのトラブルはないと言えます。
スタートボタンができたことにより、使い勝手が向上しますので
このためにアップグレードしても良いのではないかと思います。

 

今移行するメリットとは

(2016年5月8日現在)今、Windows 10 に移行する最大のメリットといえば
無償アップグレード期間にアップグレードできるという点です。
マイクロソフトはWindows 10 以後は、新たなOS は出さないことを明言しています。
時代の進化により、機能が追加される場合には、Windows Update などを通じて
アップデートが行われます。
普通にWindows 10 を買えば、数万円はするものですので
無料・無償の間にアップグレードしてしまったほうが良いでしょう。

Windows 7&8.1 ユーザーの、Windows 10 への無償アップグレードは
2016年7月29日までのキャンペーンです。

文中でも触れましたが、アップグレード作業そのものは、1時間程度で終わりますので
次のお休みの日にでも軽い気持ちでWindows 10 にしてみてはいかがでしょうか。
※アップグレード後OS が起因してトラブルが起きる場合には、1か月以内なら
元のOS に戻すことが可能です。

 

自作PC や、仮想マシンにWindows 10 をインストールしたい人は
こちらからライセンスの購入をどうぞ!
Microsoft Store
http://www.microsoftstore.com/store/msjp/jp_JP/home

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です