素材の極み・素材の響きおつまみサラダレシピ

モニプラ
otumami-sarada01

お酒のおつまみとして購入することが多い「さきいか」ですが。
今回はそれをサラダに使って食べてみようという企画をやります。
サラダにするのは写真の3品。
・素材の極み さきいか
・素材の極み するめいかの燻製
・素材の響き さきいか天

まず最初にサラダにしてみるのはこちら
otumami-sarada02
素材の極み さきいか です。
そのまま食べても柔らかくて味が濃く、焼酎がほしくなるお味なのですが
これをサラダにしちゃいます!
レシピはこちら

■海藻とキノコとさきいかの和風サラダ(2人前)■
材料
・しめじ 50g
・きゅうり 1/2本
・サラダ用海藻ミックス
・レタス 2枚
・素材の極み さきいか 20g
・和風ドレッシング
醤油 大さじ1
ゴマ油 大さじ1
酢 大さじ1
砂糖 小さじ1
いりごま ひとつまみ

作り方
otumami-sarada04
1.しめじの石づきを取り、バラバラにします。
※スーパーさんで売ってるしめじは100gのものが多いので、半分にカットして使います。
この際残ったしめじは冷凍可能なジッパーに入れて、冷凍庫に入れておくと
次回使うときに便利です。

otumami-sarada05
2.お湯(分量外)で茹でて、火が通ったら、水にさらし冷やしたあと、ザルにあけて水気を切ります。

otumami-sarada06
3.次に海藻サラダミックスを多めの水にさらして、10分ほど戻します。

otumami-sarada07
4.海藻を戻している間に、素材の極み さきいか を食べやすいようにさらに細くちぎったり
短くしたりします。
口当たりや味わいの問題なので、面倒な人はそのままでもかまいません。

otumami-sarada08
5.きゅうりを細長く切ります。

otumami-sarada03
6.ちぎったレタス、戻した海藻、しめじの水煮、きゅうり、さきいかとバランスよく盛り付け
きざみ海苔をちらしできあがりです。
食べる直前に和風ドレッシングをかけて召し上がります。

旦那さんの感想
「歯ごたえが不思議だけど、味はおいしい。見た目もおいしそう。さきいかがサラダになるってのは面白いね」


続いてサラダにしたのがこちら
otumami-sarada09

素材の極み するめいかの燻製 です。
開けたては、すっごくジューシーで、味も濃厚、噛めば噛むほど味わいもでてきてやわらかくておいしいです。
さきいかと違って見た目が整ってるので、見た目を重視したサラダにしてみます。

■するめいかの燻製カルパッチョ風(2人前)■
材料
素材の極み するめいかの燻製 約30g
ベビーリーフ 適宜
ドレッシング
・オリーブオイル大さじ2
・醤油 小さじ1
・レモン汁 小さじ1
・塩コショウ 少々
・ニンニクおろし お好みで少々

作り方
1.するめいかの燻製をきれいなところを見繕ってお皿に並べます。
otumami-sarada10

2.ベビーリーフを適宜、お皿の中央に高く盛り付けます。
otumami-sarada11

3.ドレッシングをよく混ぜベビーリーフのところにかけて出来上がり。
※するめいかの燻製は味が強いので、ドレッシングをわざわざかけなくても大丈夫です。
otumami-sarada12

旦那さんの感想
「見た目がいいね。ドレッシングもサラダも美味しい」


otumami-sarada13

素材の響き さきいか天です。

開けた瞬間にふわっと香る油のにおいがたまりません。ほんのすこしピリ辛に仕上がってるようだったので、マヨネーズと合わせることにしました。

■水菜とさきいか天のマヨネーズ和え(1人前)■
材料
さきいか天 10g
ニンジン 8g
水菜 40g
マヨネーズ大さじ1~2
醤油 小さじ1/2
すりごま 大さじ1

作り方
1.ニンジンを極細切りにします。
otumami-sarada14

2.さきいか天を細かくカットします。
otumami-sarada15

3.水菜をよく洗い、水気を切ったあと、3センチ程度にカットします。
otumami-sarada16

4.ボウルに材料をすべて入れ、よくかき混ぜて、サラダボウルに盛り付けて完成です。
otumami-sarada17 otumami-sarada18

旦那さんの感想

「食感が不思議だけど、胡麻の風味が聞いてて美味しいね」


以上、贅沢おつまみのサラダアレンジレシピでしたがいかがでしょうか。
そのまま食べても十分おいしい贅沢おつまみでしたが、ちょっと趣向を凝らしたいときには、サラダにしてみるのも良いかもしれませんね。
ぜひおつまみにお召し上がりくださいませ。

※このレビューは、モニプラ様・(株)合食様より商品の提供をうけて執筆されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です